課金の誘惑2

昨年末 何気にダウンロードしたアクションゲームに現在ハマりっぱなしになってます。

だいたいパズルとかほのぼの育成ゲーム系が好きで、アクションゲームや

スピード感のあるゲームは忙しっぽいので全然興味なかったんですけど

「戦国かぶき道」だけは甥っ子いっしょになってゲームを競っています(^-^;

Kabiki

スマホゲームをいろいろするようになってから気づいたのは なんでも課金なんですね(- -)

レアなカードが欲しければ、早くダンジョンを進めたければ、コンティニューしたければ、

なんかゲーム内でイベントを開いたと思えば課金をしなければ達成できない内容だとか

ゲーム会社もそれが儲につながるのでユーザーがついつい課金したくなる策略を

してくるんですよね。 

奴らの企みにのるものか!と思いつつも 企みに負けて今回も課金してしまった自分が・・・

特にキャンディークラッシュというゲームは次の世界に進むには「チケット」が必要で

課金してチケットを買うか、すんご~く面倒くさい すぐクリアできそうもないゲームを

3つクリアするかを選ばなければならなく、しょうがないのでチケットは毎回買ってます。

Candy

レベル104でずっとずっとずっと クリアできずに止まっていますつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

クリア見本がyou tubeで見られるんですけど あんなサクサククリアできるような

頭脳は持っておりません。 

あ~あ、おもしろいからやめられないけど 課金誘惑をしてくるのやめて~~(>_<)

明けまして おめでとうございます

明けまして おめでとうございます。

本年も宜しくお願いいたします。

918oi1  カツラじゃないでありんすよ

来年も宜しく

今年は今年でいろいろありましたが 一番嬉しかったのは友人の子供の大学合格報告でした。

友人Eちゃんとは高校で知り合い、なぜだかどんな時も一緒に泣き・笑いしながら必死に生きてきたようで 

思えばもう30年も時が過ぎているなんて本当に不思議な縁なんですよね。

高校の入学式でEちゃんを見た時に「なんてキレイな子なんだ!!」と驚愕の衝撃を受けたアレが

きっと今思えば運命の始まりだったのかもしれません。

その長女がいつの頃からか英語を専攻するようになり、なんだか私の影響を受けていて

くれたようで 今回の米学科に合格した事は本当に嬉しい出来事でした。

血はつながってないものの、自分の子供のように可愛い、可愛い存在でもあります。

まぁ血のつながりの意味が全くわからない家庭に生まれてますので

血縁だからとか家族だからとかのこだわりは始めから関係ないですけど(笑)

もし自分の子供がいて、自分の影響を受けた道を選んでくれたらこんなに愛しい

ものなのかな~、って 今までに感じたことのない 初めての気持ちを知ることができました。

本当にありがとう。

その子供達といえば AKBだとかモモクロだとかキャピキャピ系に夢中ですが

私は来年も変わらず 心の中は80'、90'年代ブンスカロック魂を忘れずに

進んで行きたいと思います。(店ではど演歌づけですが)( ̄▽ ̄)

皆様 来年も変わらず宜しくお願い申し上げます。

どうか良い年をお送りください。

長女の改名

長女が18才の頃 「男になりたい」 というカミングアウトをしてから紆余曲折を歩み

晴れて戸籍の性別と名前を変更することができたという報告を受けました。

戸籍の性別を男性に変えるには子宮を取ったという医師の証明がないとできません。

なのでそういうことなのでしょう。

長女の夢が叶ったことは祝ってあげたいのですが やっぱりちょっとショックです(>_<)

子宮って命を作り出せる唯一の場所だと思いますので

もったいないというか、何か神聖なものを失ってしまったというか

それが必要とする誰かに移植されて また生き返るのであれば喜ばしいことですが。

まぁ 最近は法律も緩やかに変わってきたことですし、長女がこれから

自分の決めた道のりで 幸せな人生が送れる事ができるように祈るばかりです。

名前が、名前が変わってしまったので これからは新しい名前で長女のことを

呼ばなけばならないのですが まだまだ慣れなくって(^-^;

ふと旧名で呼んでしまうと無視されます(T_T)

獣の力

ネコ ネコ ネコ 君がいるだけで 安らかに眠れるよ

たとえどんな しがらみに苦しまされていても

少しばかり 忘れさせてくれるよう そんな暖かさに埋もれていたい

みんな みんな 何の迷いも疑いもなく 生きるためだけに生きている

明日もきっと 歩くだけでせいいっぱいの心に

機会をくれる 大切なものがなにか 教え続けてくれているように

夜中消えたいと思った日々も 朝がくる度ため息の渦も

邪道は無用と 絶望は幻と 悲しみもまた生きてる証だと 悟らせてる

無邪気なままじゃ いれはしないけど 意味なんて探らなくたっていい

続く遠い道のりでは そんなにたいしたことじゃないんだ

君と一緒に歩く時を刻もう それが完全じゃなくても 不格好な形ばかりでも

ここで終わらせず 同じ時代に生きた証を刻みたくなる 偶然のパートナー 

救いの遣いは この世に命を授けつづける こんなに沈んだ私にも

«FNS歌謡祭

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon.co.jp

  • :

MAIL