« 2011年2月 | トップページ | 2011年8月 »

みんなで歩く

東北地方太平洋沖地震により被害に遭われた皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。

また、安心して暮らせる環境が戻りますように、一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

何を言ってもなぐさめにしかならない自分の微力さが とてももどかしい限りでありますが

これから必要な事は、共に大きな困難を乗り越える力だと思います。

災害に遭うと、不便はもとより金銭的や精神的なダメージを大きく受けてしまいます。

それは大きく爪跡を残し、たとえ環境が整ったとしても 個々における様々な問題が

辛く 長い道のりを通してくっついたまま歩いていかなければなりません。

いろいろと片付けなければならない事や、仕方なくあきらめなくてはならない事や

生活して行くための問題が次々に起こり、安定しない毎日に悩まされなければならない

日々の中、もとのようのはいかなくても せめて寒さや暑さに苦しまず

安心して眠れる場所を、心配することなく飲みたい時に水が飲める環境が

一日も早く整ってくれるのを祈っています。

これはあくまでも東海豪雨により私達家族が被災した時の体験から思った感想です。

もしかしたら違うのかもしれませんが、いち個人の感想なのでお許しください。

---------------------------------

それにはまず日本が元気になって 経済が活性し、それがいろいろな場所に循環していく事で

周りや国のサポート体勢も万全になって町の活性化に繋がっていけるのではないかと思います。

またいつ起こるかわらない自然災害にも直ちに対応できるような設備やライフラインを

確保できる確実な体制を各地に設けられることができますように。

-------------------------------------

災害以来、時間が止まってしまった商店街。結構にぎわっていたんですよ(^-^)

Nishibi1_2 

----------------------------------------------

天気のよい日は洗濯物のパレードだったアパートも賑やかな匂いをなくしたまま

Nishibi2

私にできる事は本当にわずかな事ですが、私のできる限りの範囲で

少しでもお役に立てますよう これからもご支援させていただきたいと思います。

被災された全ての皆様

道のりは長いと思いますが 共に一歩づつ歩む道のりに

本当に微力な存在でありますが どうか私もご一緒させてください。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年8月 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon.co.jp

  • :

MAIL