« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

アニメン

お昼の人気番組笑っていいともでブームに火が付いてる「オネメン」ですが

Isamu 声も可愛い長身オネメン イサムちゃん


うちの長女も着々と工事を進め アニメンへの道を目指しております。

ずいぶん前にバストの工事を終えたとの報告を聞いて

長女にあった時に「見せて(≧∇≦)」と言ったら 自慢気にトレーナーをめくって

見せてくれたのだけど  あらいやだ(n‘∀‘)η お胸が真っ平らになっていたわ

細身でFカップあったお胸は もうどこにも影あらず・・・

「これするのにいくらしたの?」と聞くと 75万円だってΣ( ̄ロ ̄lll)


オネメンだけでなく こうして日々努力をしてがんばっているアニメンも

ぜひ応援してあげてくださ~いねscissors

Koto が~んばれー( ^ω^)


調子悪し・・・

あの悪夢の修羅場から1週間くらいが経ちますが まだまだ疲労感と体のだるさが

抜けきれずにムカムカしてます。

原因は母の姉への溺愛ぶりが激化している件です。

毎週月曜日だけリハビリも兼ねてお店に母が顔を出すんですが

「長男はあーでこーで恐ろしいことをした、次男はあーでこーでひどい事を言った」など

姉以外の人物(私含め)は全て悪者のようにお客さん達にしゃべり散らかす。

姉の欲張りすぎる発言や人の気持ちを全く考えない自己中な態度が周りを

怒らせたりした結果がそうさせたんじゃないですか。

事実をひね曲げてお客さんにペラペラと話しているのが

すごくすごくムカムカしてきて、ここで私がそれは違うでしょ、と言葉をはさめば

言い合いになるので お店の中の雰囲気も悪くなるだろう事も考慮して黙って我慢していました。

それがストレスになったのか 体中になんとも言えない気持ち悪さがぐるぐるまわって

ホント、倒れそうになるくらい不調な毎日が襲っています。

今回の件によって 母と私の確執は一生とれないものだと確信した事もあってだと思いますが。

何もかも整理して ふわふわの雲の上で 一生眠っていられたらいいなぁ。

とりあえず やらなければいけないことたくさんあるので

強壮剤飲んで何とか気持ちをまぎらわしてます。

Katura2 何で生まれてきたのかねぇ?

修羅場

行方不明だった姉も先週末に見つかりまして

そんなんで昨日は姉夫婦の離婚の件について、みんな集まり最終協議をいたしました。

憎いのはお互い様だと思います。

憎ければ相手を困らせてやりたい気持ちだって持つでしょう。

しかし、姉は自分の気持ちだけを優先し、周りの人の気持ちを考慮する脳がありません。

自分の意見が通らなければ どんな手を使ってでも通そうとする人です。

その性格は ちいさな頃に姉から虐待され続けた私もよくわかっています。

もちろん良い面もあるのでしょうが、強情を張ると止どまりがききません。

ついにはブチ切れた息子から「オレが殺してやろうか」とも言われていました。

味方がいないと泣きますが、言ってる事もやってる事もメチャクチャなので

子供達だって中立な立場で見て、正論を言っている旦那の意見と同じなだけです。

旦那さんは血のつながっていない息子たちの世話を、彼らが小さな頃から精一杯

がんばって育ててくれていました。 

それから子供がもう2人増えて、6人分の生活を目一杯働いて家族を養ってくれました。

子供たちはその旦那のがんばりを見てきているので 感謝もありますし恩も感じています。

なおかつ苦しい思いで条件も100%譲歩して、多額な借金も全部背負って出てってやると言う

父親をこれ以上困らせるな、という子供たちの嘆願には耳も貸さず、自分の気持ちが

おさまらないからアレも欲しい、コレも欲しいと次々贅沢を要求してくる人に 

姉を溺愛している母以外、誰が味方をするでしょうか。

憎いのはわかりますが、大人としての姿勢が全く成り立っておりません。

私は小さな頃の、姉の虐待といやがらせで心が壊れてしまい、後には現在にも至る

精神障害が残ってしまいました。

姉を溺愛する母には何を言っても信じてもらえず、長く暗く 身内に味方がいなかったのは

私のほうです。

それでも大人になって、姉と冷静に向き合えるよう努力もいたしました。

味方がいないと泣き喚くならば、どうか私が心に受けた傷を存分に味わってください。

そしてこの機会を無駄にすることなく 人の気持ちを考えてあげれる人間に変わってください。

泣きながら「頼むからもうやめてくれ!」と叫んだ あなたの産んだ子供たちの気持ちを

本当に理解してあげれる賢い母親になってください。

そうなれば、子供たちは何も言わなくても 自然とあなたを慕ってくれるようになるでしょう。

我が家の新しい良き第一歩になることを願って このことを書き留めておきます。

変身長女

姉の件でみんなが居間に集まってる時に長女が帰ってきた。

久しぶりに見た長女 あらいやだ(n‘∀‘)η すっかり男の子に変身していたわ

自分のことをオレと言っていた

声がハスキーな低音になっていた

ジュースをパックごとつかんでガブガブ飲んでいた

肩幅が以前より四角くなっていた

知らぬ間に着々と工事をすすめ 長女から三男へと変わっていくのね

正直 いまだに複雑な気持ちをぬぐいきれない 出来の悪い叔母でございます(u_u。)

Koto

とうとうシデカシタ・・・

姉がダンナの制止を振り切って荷物を持って出て行ったという。

その夜 子供家族が姉夫婦の家に集まったワケですが

ダンナさんの両手の甲には姉に爪でひっ掻かれた時にできた

まるで彫刻刀でえぐり削られたような痛々しい傷がびっしり刻まれていました。

いったいどんな力でひっ掻けば あんな肉をえぐった傷痕ができるのだろうか(゚Д゚)

まぁ ありったけの殺意を持ってひっ掻けば女でも可能なのかもしれないのでしょうが。

そんなになってまで引きとめようとがんばってくれたダンナさんに本当に申し訳ないですよ。

これで問題がまたひとつ増えてややこしくなりました(T_T)

状況だけを話せば心配しなければならない出来事ですが

姉を溺愛している母以外 姉の再犯行動についてはあきれている次第です。

Katura1 アンタ気ままでいいわねぇ~

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon.co.jp

  • :

MAIL